HOME

2017年7月24日月曜日

台北の鶏ごはん @梁記嘉義鶏肉飯


鶏肉飯(ジーローハン)をたべに行ってきました。ジーローハンのお店って、少ないように思います。だいたい旅行者のみなさん、ここに来るんじゃないでしょうか。





梁記嘉義鶏肉飯という店の、鶏肉飯(ジーローハン)、魚丸湯、ブロッコリにんにく炒め、目玉焼きです。

ジーローハンは、味のついた鶏肉をごはんに乗せたもの。で、この上に目玉焼きを乗せてたべるそう。わたしもやってみました。合うんだわ、これが。魚のすり身スープもブロッコリも、どれも美味しかったです。ぜんぶで110元。

ジーローハンは、ルーローハンとおなじように小さい茶碗に入っています。量少なめなんで、脂っこさとかは感じなかったですよ。





店先でジーローハンを注文して進み、つぎに、おかずの棚があり、好きなものを取ります。

わたしはひとりだったんでブロッコリだけにしましたけど、いろいろあったんですよ。このおかずの棚のところで、おばちゃんが目玉焼きを出してくれてるので、忘れず取りました。

うしろにスープ担当のおばちゃんたちがスタンバイしていましたが、すぐさまべつのおばちゃんが、わたしのトレーを持って席に誘導してくれました。席でスープをたのんだら、持ってきてくれました。

小さなテーブルがいくつもあるかんじで、3人の韓国っぽい女の子グループと相席でした。彼女たちが去ったら、今度は中国っぽい母娘が来ました。15時ごろで、席はわりと埋まっていて、でも回転早そうでした。

とにかく、この店は、おばちゃんが仕切ってくれます!

ただ、わたしだけかもしれないですが・・・・・。駅近なのに、すんなりたどり着けなかったんですよねえ。翌月も迷いました。しかも、やっと着いたら休みで閉まってました!

最寄は、MRT松江南京駅。余談ですが、ここからホテルに歩いて帰るのも迷ったんですよ。

方角を90度まちがっていたみたいで・・・・・。気がついたときには、駅もコンビニもない、遠いところまで来てしまいました。

暑いし、泣きそうになるし、2時間くらい歩いて・・・・・。ちょっと脱水症状でしたけど、いっしょうけんめい地図みて軌道修正して、あの一件で鍛えられましたわ・・・・・。わたしの方向感覚が狂う場所、松江南京駅とジーローハンの店です。





2017年7月23日日曜日

台北の麺やさん @阿田麺


台湾はいろんな麺料理があるようですが、辛そうなんですよねえ。辛いの苦手です・・・・・。辛くない麺をたべに行ってきました。





阿田麺という店の、陽春麺、そこに肉と卵を追加してもらいました。卵はアヒルなのかな?ちょっと大きめです。

わたし、注文のとき日本語で「ひとつー」って言うことにしていました。すると、日本人だとわかってもらえた。「にくー」「たまごー」も通じましたよ。

店先でオーダーして、店内に入って、好きな席に座ります。14時台で、わたしがたべているあいだ、席はずっと9割埋まってるかんじでした。でも、回転早いです。

あっさりした味で、美味しかったです。うす味で、もたれないし、ちょうどいいわあ。麺たべたくなったら、またここに来よう。





最寄は、MRT雙連駅。店のまわりは自動車修理工の店が多く、こんなところに?ってかんじの所にあります。あるんですが、女性のおひとりさまでも入れるかんじです。わたしはひとりでした。みんな、たべてすぐ去っていきます。




2017年7月22日土曜日

台北の飲茶 @金獅樓


台湾人の友人と会うことができ、昼ごはんをいっしょにたべました。金獅樓という飲茶スタイルの店だそう。入った瞬間、光景にテンションあがりました!すごい活気!広い!





ここの店員のおばちゃんたちは高齢で、勤続50年とか大ベテランだそう。すごいですね。生きる歴史!ていうか、元気!

おばちゃんたちが、それぞれ料理のワゴンを押して歩いていらっしゃるんで、好きなものを取ります。そのほか、自分でオーダーするメニューもあるみたいでした。てきぱきと友人が仕切ってくれて、あっというまにテーブルに料理が並びました。





どれもハズレなく美味しいです!でも、マヨネーズは甘かったですねえ。写真右の白いのがマヨネーズです。うどんじゃないですよ。

わたしはここでたべた芥蘭という青菜が気に入り、日本でこれに近い食感の料理はできないか?帰国してちょっと試してみました!これができたんですよ。





オーダー料理の魚がきました。生姜やネギたっぷりなのが嬉しいです!

観光客らしき人は見かけなかったですし、友人なしで行くのはちょっとハードル高い店な気がするけど・・・・・。また行きたい。

最寄は、MRT西門駅。西門は、心斎橋のような雰囲気の所です。にぎやかですよ。





2017年7月21日金曜日

台北の朝ごはん @初作早餐


サンドイッチの店、もうひとつ行ってきましたよ。いままでは、あらかじめ調べて店を選んでいましたが、ここは下調べなし。店の前を何度か通っていたので、行ってみました。

ブログに書くにあたり調べてみたら、現地の言語でも情報少なかったです。どうも、オープンしてまもなかったみたいです!





初作早餐という店の、花醤培根牛奶起司というサンドイッチ、初作紅茶というブラックティー(紅茶)です。

ピーナッツバター、チーズ、卵、ベーコンのサンドイッチにしてみたんですが、これが美味しかったんだわ。明日もたべたいって思ったくらい。ここでもピーナッツバターが美味しい!もともと好きだけど、カロリーとか気になるし、ふだん買わないようにしていたんですよ・・・・・。

紅茶も美味しい!甘いんだけど、すっきりな甘さ。台湾スイーツどれもそうでしたが、すっきりしていて重たくないんですよねえ。わたしはちょうど好きなかんじです。





朝、現地の人がひっきりなしに買いに来ていました。イートイン席は少ないですが、回転早そうでした。サンドイッチといっしょにドリンクをたのめば、5元引きって外に書いてありました。

あとでまわりの人を観察していたら、どうやらカウンターに置いてあったメニュー用紙に、ほしいものにチェック入れて渡すようですね。この方式、ほかに行った飲食店を振り返ってみても多かったように思います。

わたしは、よくわからないまま店内に入ったので、店員さんが英語でひとつひとつサンドイッチを説明してくれてオーダーできました。親切です。

テイクアウトしてホテルに帰ってたべました。ひとりでのんびりゆっくり、今日の行動予定を練りながらたべるのもまたいいです。

この店、朝7時から午後3時までの営業です。最寄は、MRT北門駅になるのかな。迪化街に向かう途中にあります。豊盛號みたいに気合い入れて並ばなくていいし、好みの味だったし、わたしのなかでお気に入りです。





2017年7月20日木曜日

台北の朝ごはん @阿婆油飯


朝ごはんに、おこわを買いに行ってきました。おこわのことを、油飯っていうそうです。新富市場という市場のなかにある店です。




朝、龍山寺という寺に寄ってから来ました。このあたりは古い街らしいです。




阿婆油飯という店の、油飯(おこわ)です。おにぎりのときもそうでしたが、ビニール袋に入れて渡されます。自分でにぎって成形します。

しいたけ、肉、干しエビ、エシャロットとか、とにかく美味しい出汁がでる具がいろいろ入っています。もちろん美味しいですよ!

この店、有名みたいですね。わたしたち、開店前に着いたんですが、開店時刻すぎても、店にだれもいない、商品もない。開店する気配ゼロでした・・・・・。休みなのか?

ぶらぶらして待ったんですけど、おなかすいたし暑いし・・・・・。あきらめて一旦駅へ戻ったんですよ。途中、素食(ベジタリアン)のまんじゅうみたいなのを売ってる屋台があって、それたべて駅の改札まで行きました。

でも夫が、もう一回みてくるから待ってて!と言って・・・・・。で、おこわを持って帰ってきたわけです。いやあ、開店時間とか適当なんだわ。

たまにそういう店ありましたねえ。きっちりしてないです。ゆるさが、いいところでもある。そんなわけで、1ばんめの客だったそう。




最寄は、MRT龍山寺駅です。龍山寺は、朝からたくさんの人が熱心に祈っていましたよ。信心深いです。

ちなみに、駅や電車内は飲食禁止です。改札前に線が引いてあり、そこから手前ではオーケーとなっていましたよ。





2017年7月19日水曜日

台北の朝ごはん @豊盛號


士林駅前を歩いていたら、女の子がひとり、またひとり、すーっと狭い路地に入っていくのを見ました。彼女たち、みんなおなじ店らしきところに行くんですよ。あとをつけてみました。





外にメニュー表が置いてあったんですが、英語も日本語もなく・・・・・。しかも、外にモニターが設置されており、番号を表示していて、269番なんです。なんか、ただならぬ空気を察知・・・・・。店の名前と場所を覚えて帰りました。

夜、ネットで調べてみたら現地の人のブログばかりでてきて、翻訳ツールでちびちびと訳し、全貌をつかんでいったわけです。





どうやら、こだわり食材を使ったサンドイッチの店で、テレビで紹介されたっぽいですね。狭い通りに朝から人がたくさん集まりだしたため、近隣住民からのクレームで、整理券方式なんだそう。という、わたくしの解釈。





で、この店のサンドイッチをゲットするには、朝、まず整理券をゲットし、注文し、待って、できあがったらモニターに自分の番号が表示されて、ようやくサンドイッチをゲットできるようです。というのが、わたくし調べでした。

あとでわかったんですが、日本の冊子とかで紹介されてるみたいです。あんまりくわしくなかったですけどね。炭火焼サンドイッチだそうで、南のほうでポピュラーなたべものみたいですね。

五つ星ホテルで使用されているパン使用ってこともわかりました。あとは行ってみるだけ!で、行ってきましたよ。





朝7時すぎに着いたら、若い子たちが何人か、路地の手前のところで待っていました。

外にメニュー表が積んであり、買いたいものにチェックを入れて店内で渡すしくみのようです。英語、日本語は載ってないんで、ビビらず店内に入ってみると、英語のメニュー用紙をくれました。







わたしがたべてみたかったのは、豊盛三明治という分厚いサンドイッチですから、もちろんチェック入れます。ふたりだったんで2つ買おうとしたら、店員さんが、大きいから1つにしたほうがいい、もう1つちがうのにしたら?って教えてくれました。親切です。





会計して、整理券もらって外で待ちます。わたしは60番。20分くらいで呼ばれました!
すごく待つことを予想していたんで、意外でした!





豊盛三明治です。分厚い!ひとつ注文すると、2つ入ってます。でも、ちょっと想像していた味とちがいました・・・・・。美味しいんだけど、うす味です。あと、ちょっと甘いです。でも、ピーナッツバターが美味しくて好きでした!

店員さんのアドバイスでたのんだ、辣肉蛋起司吐司といううすいサンドイッチのほうがわたしは好みでしたねえ。卵、チーズ、肉がはさまれていました。こっちのほうが、味濃いめ。うすくてたべやすいです。ミルクティーも、こだわりあるようです。わたしはコーヒーにしましたけどね。





朝から昼までの営業で、最寄は、MRT士林駅です。駅近です。以前はイートインできたみたいだけど・・・・・。この店の難点は、現在テイクアウトのみってことですねえ。

冷めたらいやだし、駅前のベンチで座ってたべ始めたら、いつのまにかスズメの大群が足元にいて、背筋凍りましたよ・・・・・。20とか30羽どころじゃないです。べつの場所に非難して、急いでたべました。ちょっと残念!





2017年7月18日火曜日

台北の朝ごはん @民楽旗魚米粉湯


カジキの出汁の効いた米粉湯を、朝ごはんにたべに行ってきました。朝7時すぎだったんですが、人っけなく、観光客おらず、現地の男の人が何人かたべていました。





民楽旗魚米粉湯という店の、旗魚米粉湯、それから、炸紅燒肉というチャーシューのから揚げみたいなもの(小)です。カジキの出汁って初めてだったように思うんですが、さっぱりしていて美味しかったです。でも、最後のほうは濃く感じました。カジキの身も入っていました。

まわりの男の人たちほぼ全員が、揚げものを一皿か二皿、米粉湯といっしょにたべていました。米粉湯がさっぱりなんで、揚げものが合うってことでしょうか。台湾でたべたものには生姜がよくいっしょに乗っていたりしたんですが、生姜好きなんで嬉しいです!

どこの店もだいたい、おかずのサイズを選べるかんじになっているのも嬉しいところです。わたしはいろんなものをちょっとずつたべたいんで、もちろん小です。小といっても、少な!ってかんじではなかったです。





この店の営業時間は、朝から昼までです。朝ごはんやさんですね。上の写真は、夕方通りかかったときの様子。まんなかの黄色の看板のところです。閉店してるけど、にぎわってます。最寄は、MRT北門駅になるのかな?迪化街(てきかがい/ディーホワジェ)にあります。





2017年7月17日月曜日

台北の朝ごはん @香満園


またべつの朝、魯肉飯をたべに行ったら、魯肉飯も美味しかったんだけど、いっしょにたのんだスープが好きなかんじでした。





香満園という店の、魯肉飯、金針赤肉湯というスープです。ここの魯肉飯は、高菜がついていました。美味しかったんですよ。スープも好きなかんじでした!きれいな色でしょう?

カンゾウという植物の花らしいです。あと、肉てんぷらも入っていました。べつの日、またたべに行こうかなと思ったくらい。どこの店も、だいたいうす味です。そのほうがたべやすく、わたしはちょうどいいです。

振り返ってみると肉が入った料理が多い気がするんですが、うす味だからか、調理の仕方なのか、あまり油っぽくなかったんですよねえ。





この席位置でおひとりさまだったんですけど、わたしがたべているあいだ、買いにきて持ち帰っていく人や、現地のおばあさんがひとりでたべにきたりしました。にぎわってます!最寄は、MRT雙連駅。出てすぐそこです。





2017年7月16日日曜日

台北の朝ごはん @今大魯肉飯


朝ごはんに、魯肉飯(ルーローファン)をたべに行った日もありましたよ。こまかく刻まれた豚肉を、ごはんにかけたもの。甘辛な味ですが、いろんな店でたべてみると、ちょっとずつ味や照りにちがいがあるようでした。





今大魯肉飯という店の、魯肉飯、香菇排骨というスープ、煮卵、煮豆腐です。いくつかの店で魯肉飯をたべてみてわかったんですが、ここの魯肉飯はわたしの好きな部類でした。

どこの魯肉飯もそうでしたが、ちいさなお茶碗に少量なので、ちょっとおなかすいたときにもいいです。わたしは、ちょっとだけたべられる店が好きなのかも。

煮卵、煮豆腐、スープも美味しかったです。スープの中身は、しいたけ、肉、貝など、たっぷりの量。





この店、台北市外にあり、降りてみると観光客いなさそうな工業地域(?)のような場所でした。最寄は、MRT菜寮駅です。

途中の公園で、雨なのに傘さして(あるいはレインコート着て)体を鍛えている高齢者が何人もいたりして、健康意識の高さがうかがえました。このような光景はいろんな場所で見たんですが、この意識の高さ、うらやましいです!高齢者が、傘さして本気で走ってるんですよ!

頭のなかで、ロッキーテーマが流れてくるような。いえ、実際は牧歌的なんですけど・・・・・。鉄棒はじめ、公園はトレーニング遊具のようなものが充実しているようでした。












台北の朝ごはん @阜杭豆漿


台湾の朝ごはんやさんは、早朝5時台、6時台からやっていたりしました。なくなり次第終了とか、お昼ごろまでやっていたり。がんばって早起きしました。

歩いていると飲食店いくらでもあるんですが、胃袋ひとつしかないんで、ネットで調べたりして評判の店、興味のある店にしぼって行動しました。たべものに関しては、自分と合うかんじのブロガーやブログをみつけたりできると、いいですね。





阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)という店の、鹹豆漿(おぼろ豆腐ふう豆乳)、厚餅夾蛋(卵入り厚焼きパン)、台湾ふうおにぎりです。「鹹」っていう漢字、薬膳を学んでるおかげで塩味だなってわかりました。

建物の2階が店で、外まで長い行列でした。並んで、注文して、たべるところまでで、わたしのときは約1時間。滞在中もう1回たべに行こうかなと思ったくらい、やさしい味。鹹豆漿、美味しいです。

卵入り厚焼きパンもたべましたけど、またたべたいって思ったのは鹹豆漿。

台湾ふうおにぎり(ビニール袋に入ってます)は、大きいんだわ・・・・・。ボリューム的に、たのまなくていいかんじでした。なかに3種類の具が入ってました。

どこの朝ごはんやさんでも見た光景ですが、現地の人は、どっさり何人分も持ち帰ったりしていました。家族や職場のぶんかなあ。





最寄は、MRT善導寺駅。近くの希望広場という場所で、土日はオーガニック食材の大きな市場がやっていました。見るからに新鮮で、ドラゴンフルーツ試食しましたよ。

わたしは土日連続、この市場に行きました。市場好きなんですよ。ななめ向かいにあるオーガニックスーパーにも行ってみましたが、とくになにも買いませんでした。








2017年7月11日火曜日

台湾文化


朝ごはんやさんがある文化って、いいですねえ。昨晩、台湾から戻ったんですが、今朝、朝ごはんをたべに行かないことが不自然に思えて、どこかないかなあ?コメダ珈琲くらいしか考えつかなかったんですが、そんなにガッツリじゃなくて、200円~300円くらいでたべられるところって日本にないなあ・・・・・。

台湾にいたあいだ、肌の調子よかったんですよ。日本じゃ皮膚科のお世話になってるのに、湿度のせいでしょうか?日本の湿度もすごいと思うんだけど、台湾ほど湿気てないのか?いや、逆なのか?よくわからないですけど・・・・・。

汗かいてちょっと臭そうになっても、みんな気にしないっぽかったです。臭かろうが汚かろうが、平気で出歩いていいようなかんじなところが、よかったのかもしれませんねえ。日本だと公害ですもんね!汗かくの、大事です。





現地の人、ダルダルに伸びた、穴のあいたTシャツのおじいさんとか、ふつうにいました。パンツ一丁で、真っ黒に日焼けした裸の車いすのおじいさんも見ました。これ、日本じゃ不審者でしょう。

でも、日本人だなってわかる人たちは、服装きれいでした。わたしも日本人ですが、ひとりで歩いているとなぜか、どこかからの旅行者に道を聞かれたりしました。ちがうんですけど!って、内心フシギでした・・・・・。まあ、捨てるつもりの服を着ていたんですが・・・・・。

そうなんです。捨てるつもりだった服が、台湾で着るのにちょうどよくて役に立ったんですよ。いやあ、こんなこともあるんですね!TPOって、こういうことだなあ。雨でも屋台でも汗だくでも、平気です。服の機能面を見直した、ちょっと発見でした。

たべものの味がうすくて、スイーツの甘さもうすくて、なんかやさしい味だし、ぷるぷるしっとり肌になって、交通費が安くて、どこへでも電車と歩きで出かけられて、たまのマッサージで体のクセにまた気がついて・・・・・。わたしには最高かもしれないですね。





2017年7月4日火曜日

生姜とかいろいろ


生姜ごはんを気に入ってたべていたんですが、ほかもやってみたくなり新生姜で塩漬けをつくってみました(ちょっと前です)。きれいなピンクになって嬉しいし、美味しかったんだけど大量にできてしまいました。そのまんまたべると、あんまり減らない・・・・・。

アレンジいろいろしたらよかったんでしょうけど、留守する直前だったんでチャーハンにたくさん使って、あと義理実家にあげました。







チャーハンにしたら、ピンクは消えちゃうんですよねえ。義理実家がくれたロメインレタスがあったんで投入。ロメインレタス好きなんですよ!火を入れると美味しい。

ロメインレタスをチャーハンにしたのはちょっともったいなかったような気がしましたが、留守直前で食材たべきるのと植物の水やり装置つくるのが最優先だったんで、まあいっかです。





短期間ハマった、こねないパンづくり。元のレシピを、豆乳や甘酒先生に変えたりして改良実験してました。超シンプル材料なんで、トッピングといっしょに楽しむって感じでしょうか。ヘンなものまざってないですし、いいと思う。





無性にたべたくなっていたコーヒーゼリー。つくりたくなるときが、ガーッとやってきて、ある程度したらおさまるみたいです・・・・・。つぶして、豆乳とアガベシロップかけてたべるのが好きです。





2017年6月29日木曜日

服と自分の関係


先日、服を84点処分したんですけれど、去年からちょこちょこやっていたのが今年になってから手が止まってしまってたんですね。で、再開したわけです。

そんなことを積極的にやってきて、おもしろいなと思ったのが、残った服のことです。残ったってことは、手放さないなにか理由があるんですよ。ちょっといままで着る機会があまりなくて、そんなに袖を通してなかったような服が、いまの自分の年齢とか、気分とか、状況に合ってきた発見なんかがありました。

わたしが持っている服のほとんどは、パーソナルカラー理論や骨格にもとづいて選んだものなので、どれも似合う色であったりデザインであったりするんだけれども、そのなかでも、よく着るもの、そうでもないものってあったんですね。着ていくシチュエーションがそんなになかったとか、その服と当時のライフスタイルがうまく合わなかったんじゃないですかね。プロでもそういうことってありますよ。

ここ何年か精神的にも身体的にも、考えることや、それとともに変化もしてきて、そういう影響が服装にも表れてきたと思うんですよね。





たとえば、ボタンも生地もピカッ!なジャケット。購入してから5年は経っているかと思うんですが、今年の春、購入以来いちばんしっくりくるようになってワードローブのメインに浮上。

つくりがしっかりしている光りものって、肌や体がオバサン化してきたほうがなじむように思います。ちょっと枯れてきてピチピチしたものが抜けてきたぶん、ピカピカ豪華な感じが補ってくれてちょうど美しくなるような。服と自分の関係って、変わっていくんですよ。





裏地がミツバチ柄で可愛いんだけれど、脱ぐか、斎藤さんだぞでもしないかぎり、わからないですねえ。








2017年6月27日火曜日

藤井四段を見て、14歳のときどんなだった?


藤井四段の29勝がかかった対局に、わたしもそわそわして途中の様子を伝えるニュースを目にしたりしたんですが、真上からいまの状況の将棋盤が映し出されるだけで、将棋のルールを知らない人が見たら、さっぱりわからないんだわ・・・・・。気になるんだけど、あれを見て、自分は見てもわからないんだったって無言で固まってました・・・・・。

将棋のルール、知ってたらおもしろいと思うんですけどね。チェスも、知ってたらおもしろいと思うんだけど。映画のなかでチェスのシーンがでてくると、知ってたらもっとこのシーンの意味がわかるのに!って思う。でも、いまから勉強するにはむずかしそうだわ・・・・・。

藤井四段を見ていて、14歳のとき自分どんなだった?と思い出すと、映画と「ファッション通信」と洋楽の世界にのめりこんでましたねえ。

それから、缶紅茶「ピコー」が好きで、登下校時よくのんでいたし、あのCMが好きで、ピコーの広告を雑誌から切り抜いてノートに貼ったりしてましたよ。メイド服の外国人が「ピコー」って言ってするポーズ、それに歌。いまも覚えておりますわ・・・・・。紅茶花伝っていうのもありましたねえ。





写真は、先月のうちのバラ。はじめは小さいポットだったのが、今年はなぜかいっぱいつぼみをつけましたよ。



***



みつけましたよ!ピコーCM。でも・・・・・。





あら?メイド服じゃないわ?わたしボケたか・・・・・。





2017年6月23日金曜日

水やり装置をつくってみた


留守のあいだ、いちばん心配だったのは、植物の水やりをどうするかってことでした。立夏をすぎてから毎日欠かさず水をあげ、成長がわたしの楽しみのひとつ。育てている鉢は気がつけば20こ近くあり、たくさんつぼみをつけた、いま勝負どき!って植物もいました。

それから、昨年収穫したゴーヤの種を冷蔵庫でずっと保管してて、6月1日にばら蒔いてみたら、なんと芽がでてきたんですよ!いっぱい蒔いたんだけど、芽をだしたのは2つだけ。だから、それも要観察だったんだよねえ。

調べたところ、いろんな給水ツールが売っているみたいですね。でも、急だったんでホームセンターに買いに行く暇がなく、うちにあるもので水やり装置をつくってみることにしました!

まずはひとつの鉢で実験し、時間をおいて給水具合をみて、いけそうだったんでこれでいくことにしました。前日、それだけで1日がおわったわ〜。

ネットで調べてきた材料から、だいぶアレンジしちゃいました。でも、装置の原理のようなものは押さえてあるはず・・・・・。たらいと鉢の高低差もつけたしな。これでなんとか、がんばっておくれ!





で、帰ってきたらどうなっていたか。・・・・・ほぼ成功!いやあ、たらいの水はだいぶ減ってましたけど(梅雨なのにずっと天気よかったのかな?)、給水しつづけていたようです。いけるね、この装置!うれしいことに、ゴーヤの芽が新たにでていました!





でも、ひとつとても残念なことが・・・・・。つぼみたっぷりだったマリーゴールドが、干からびたお姿になってました。ああ、ショック・・・・・。どうしてこれだけ、こうなってしまったんだろう。水と肥料あげて、生還を試みている。





水やり装置につながないで放置していった鉢もすこしあったんですけど、そっちは見込んだとおり、自力で持ちこたえてました。なんか知らないけど、おそろしくつよいんですよ。いつのまにか3鉢にまで増殖した、謎の植物・・・・・。





2017年6月22日木曜日

LCC 7㎏の壁とブランケット


はじめてLCCの飛行機を利用したんですけど、いろいろ制約があるんですね。まず、オプション料金を払いたくなければ、荷物を7㎏以下にしなくてはなりません。これがぜんぜんいけると思ったら、必要なもの詰め込んで測ったら7㎏超えたんですよ・・・・・。中身を出しては測量をうちでくりかえし、なんとか7㎏以下にして出発。

つぎに、機内がすごく寒かった!座席の上にある冷房を止めてもです。ブランケットをたのむと、なんと販売品なんだそう。ああ忘れてた、LCCってそうだった・・・・・。ブランケットになぜか枕、ペン、アイマスク、歯ブラシ、化粧品などいろいろがセットになって販売されており、わたしはブランケットだけがほしい・・・・・。だから、買いたくないわけですよ(モノを増やしたくない)。

荷造りしたとき、パーカーを入れてたんだけれど、7㎏以下にするために抜いてきたことを深く後悔。パーカーを最優先にするべきだった・・・・・。





さらにです。出発時刻が遅れ、離陸まで1時間近く、機内で待つことになりました。すでに体が冷たくなっていたんで、渋っているわけにもいかなくなり、ブランケット付きいろいろセットを購入しようと決めました。

クルーの女性(外国人)を呼び止めると、ピシャッとなにか言って通り過ぎて行ったんですよねえ。結局、彼女は30分以上たっても戻ってこなかった・・・・・。ほかのクルーも姿を見せなくて、そのまま離陸。

冷えきったわたくしは、このまま目的地まで飛ぶしかないんで、耐えたるわ!っしゃー!と心のなかで決めたんでした。LCCって、基本話しかけたらダメっぽいですね!


超高層ビル、台北101。



















というわけで、ピラティスの呼吸と、武道の手の組み方と、能楽師のかたの本で読んだ横隔膜の動かし方をやり、むだな力が体に入らないように、腹圧をかけて熱を生み出そうとし続けてました。ちょっと瞑想状態に入ったことで大丈夫になってきて、目的地まで耐えられました!(機内販売がまわってきましたが、いまさらいらんって思いました)

帰りのことを思うと、滞在先でブランケットやパーカー購入を考えましたけど、荷物を増やしたくないほうが勝り、持ってきた服でいちばん厚くなるよう着こんで帰りは臨んだら、あれ?そんなに寒くない機内・・・・・。クルーもなんとなく朗らか。

7㎏制限って、そんなものがないとなんでも持って行ってしまうわたしにはちょうどいいシステムなんでは?と思いました。軽いほうがラクだし、ないならないで工夫しますもんね。

余談ですが、失敗や困ったことのほうが、いつまでも記憶に残っていたりするし、旅から帰ってくると不要なものがわかったりするんですよ。帰国したら彼氏のことが不要に思えてきて別れた友人がいましたが、そういうこともある・・・・・。

そのときはほんとうに悲劇だったりもするんだけどね。でも、あとで生かされたりするんで、わるくない経験というか貴重な経験ですね。





2017年6月14日水曜日

のまない人が日本酒ギフトをえらぶ


父の日が近いんで、日本酒を見に行ってきました。いつもは夫といっしょに行って購入するんですけど、夫が来れないのでひとり。わたくし日本酒わからないんですね。試飲しましたけど、わからんのですよ・・・・・。で、試飲のみすぎて、百貨店のベンチでぼーっとしてましたよ・・・・・。

候補のふたつ(独断です)を夫に知らせて、返事を待ったんですが、仕事中だから来ないわけです。ベンチに座っていると、入れ替わりとなりに座ってくるのはみんなアジア系外国人旅行者・・・・・。なんか体が冷えてきたし、ねむいし、これ以上待つのはやばいと思い、結局自分で決めましたわ!

たぶんですけど「大吟醸」「限定」「ふだんはここで売ってない」とかを選んでおいたらいいような気がします。





で、義理実家に渡してきました。ホクホクのじゃがいもが用意されていて、オリーブオイルと塩でたべて、帰りました。





2017年6月13日火曜日

変わってきた味覚


最近変わってきたことのひとつが、あんこ苦手だったのが大丈夫になってきたこと。デパ地下のスイーツを見ていても、好きな洋菓子の店をのぞくんですけど、最終的に和菓子を買ったり。ダイエットとかしてないんで、単に惹かれるかどうかですが、洋菓子のなかには、並ぶほど評判のスイーツが自分にはこってりで、もう要らないなあと思うことがあるんですね。

まあ、もともとすごく甘いものがちょっと苦手なんですが、チョコレートだけは大好物だったのが最近たべなくてもぜんぜん平気なことに気がついて、ゴディバのチョコがうちにあるのにたべる気が起こらないから、期限が迫ってきたし、たべてみたんですよ。美味しいけど、なんかそれだけ・・・・・。どうしちゃったんざましょう。

去年の初めだったか、カカオ70%以上のチョコを毎日たべているってブログに書いたと思うんですが、あれはその後、去年の春から漢方を始めて、漢方薬をのむためにココアパウダー(砂糖ぬき)に薬を溶かしてのむようになり、それとともにチョコ生活はわりに早く終わりました。





写真は、わらびと葛で、なかはあんこ。ああ美味しい、としみじみ思うのはこういうもの。香りにも、ああ♡ってなります。わらびと葛でいろんな店のをたべてみるのが、最近の楽しみ。





2017年6月10日土曜日

髪型とオネエ


1年以上会っていなかった友人が、わたしの頭を見て「その髪型、ファンキー」

「ロックでしょう?」
「ロックとファンキーのちがいって?」
「うーん・・・・・これファンキー?」
「うん。あなた、服はちがうけど」
「服もファンキーだったら、ゴリゴリになるやん?」
「うん」


Scarlett Johansson- marsala lip:


「その髪型は美容師におまかせなの?なににインスパイアされて?」
いや、自分でぜんぶ決める。いくつか画像を用意して行って、ここはこうって部分ごとに伝えてるよ。

「オネエ系だったあなたが、こんな髪型になるなんて」
そうだねえ。で、オネエの意味が、いまと当時ではちがうって話を彼女とこれまで何度してきたんでしょう。

当時のオネエは、神戸系オネエ。「JJ」読んでいた人だったらわかると思うんですが、巻き髪ですね。いまのオネエは、男で女な人。男で男が好きな人でしたっけ?

でも、この髪ね、伸びてきたらIKKOさんになるんだよ。だからさあ、いまもオネエなのよ。そんな会話が流れていく、平和な昼さがり。


Katy Perry Short Hair: Blonde Pixie Crop | Glamour UK:


ケイティ・ペリーは、スカヨハにインスパイアされてフェミニニティを再定義したそうでこの髪型にしたとか、インタビューで答えていました。それわかるわあ。

わたしがサイド刈り上げをやってみてわかったことは、サングラスやメガネが、すーっと、かけやすいんですよ!快適です♡



Demi Moore - Ghost (1990) (800×535):
「ゴースト/ニューヨークの幻」デミ・ムーアのショートヘアが可愛い。