HOME

2017年8月20日日曜日

都会っ子?


お盆は義理父の生家がある田舎へ、2日つづけて日帰りし、義理母の生家にも行ってきたんですが、これまでのお盆とはちがうことがいろいろありましたよ。

夫は、何時間も田んぼの草刈りで、汗と草と泥でドロドロ。義理父が倒れてから何度も草刈りに帰っていた彼ですが、わたしは免除されていたので、見たのは初めて。

草刈り機って、草の破片とか、けっこうな距離と鋭さで飛んでくるんですね。ピュン!って顔に飛んできて、こわい!って初めて知りました。


オクラの花


















で、女性は草刈りしないみたいですから「明日、遊ぶもん持っておいで」って義理母に言われたんですよ。真に受けて、なわとびと本を持って行ったわたくし。

でも、なんか皆さんずっと動いており、わたしも掃除機かけたり、家の外を竹ぼうきで掃いたり、仏壇前に並べたり・・・・・。やさいの収穫は、おもしろかったです。


いんげんの花


















刈った草の残骸とか泥を、義理母と義理妹が、クワ(いや、スキ?わからないです)で清掃していくんです。そういう作業があるのか・・・・・。わたし、そんな経験したことがないのです。いやー、皆さんほんとうによく動く。家族の結束が、なんかすごいのですわ・・・・・。

結局、なわとびと本が取り出されることはなかったです。ははは。そんなもんですね。





わたしにも「田舎」と呼んできた、祖父母が暮らす家があるんですが、夫の田舎の家に行くと、わたしが田舎と呼んできたあそこは、ぜんぜん田舎じゃないわ!と思う。

車がふつうに行き交うし、信号機あるし、大きいスーパーもあったし(なくなりましたけど・・・・・)、家の外に出たら人がいるし。山に囲まれてはいたけれど、あれは、田舎のなかではそこそこ町だったんだわ。

祖父母のところへ行ったら、祖父母とおしゃべりして、川や山に遊びに行って、本やさんへ行って、買った本に没頭して・・・・・。行き帰りの新幹線の旅は、きれいなワンピースなんか着て・・・・・。そんなだったですよ。

わたしって都会っ子だったんだなって、しみじみ思いました。





2017年8月17日木曜日

台北の博物館 @国立台湾博物館


国立台湾博物館に行ってみました。





周辺に、リスがたくさんいました。木にへばりついて一体化しているの、わかりますか?





博物館です。なかに入って、天然石の細工などの展示を観てきたのですが、ふつうでした。というか、わざわざ見に来なくてもいいかんじの内容でした!





すぐ裏に、228和平公園という公園があります。のどかです。

最寄は、MRT台大病院駅。博物館の入館料30元でしたよ。