HOME

2017年6月23日金曜日

水やり装置をつくってみた


留守のあいだ、いちばん心配だったのは、植物の水やりをどうするかってことでした。立夏をすぎてから毎日欠かさず水をあげ、成長がわたしの楽しみのひとつ。育てている鉢は気がつけば20こ近くあり、たくさんつぼみをつけた、いま勝負どき!って植物もいました。

それから、昨年収穫したゴーヤの種を冷蔵庫でずっと保管してて、6月1日にばら蒔いてみたら、なんと芽がでてきたんですよ!いっぱい蒔いたんだけど、芽をだしたのは2つだけ。だから、それも要観察だったんだよねえ。

調べたところ、いろんな給水ツールが売っているみたいですね。でも、急だったんでホームセンターに買いに行く暇がなく、うちにあるもので水やり装置をつくってみることにしました!

まずはひとつの鉢で実験し、時間をおいて給水具合をみて、いけそうだったんでこれでいくことにしました。前日、それだけで1日がおわったわ〜。

ネットで調べてきた材料から、だいぶアレンジしちゃいました。でも、装置の原理のようなものは押さえてあるはず・・・・・。たらいと鉢の高低差もつけたしな。これでなんとか、がんばっておくれ!





で、帰ってきたらどうなっていたか。・・・・・ほぼ成功!いやあ、たらいの水はだいぶ減ってましたけど(梅雨なのにずっと天気よかったのかな?)、給水しつづけていたようです。いけるね、この装置!うれしいことに、ゴーヤの芽が新たにでていました!





でも、ひとつとても残念なことが・・・・・。つぼみたっぷりだったマリーゴールドが、干からびたお姿になってました。ああ、ショック・・・・・。どうしてこれだけ、こうなってしまったんだろう。水と肥料あげて、生還を試みている。





水やり装置につながないで放置していった鉢もすこしあったんですけど、そっちは見込んだとおり、自力で持ちこたえてました。なんか知らないけど、おそろしくつよいんですよ。いつのまにか3鉢にまで増殖した、謎の植物・・・・・。





2017年6月22日木曜日

LCC 7㎏の壁とブランケット


はじめてLCCの飛行機を利用したんですけど、いろいろ制約があるんですね。まず、オプション料金を払いたくなければ、荷物を7㎏以下にしなくてはなりません。これがぜんぜんいけると思ったら、必要なもの詰め込んで測ったら7㎏超えたんですよ・・・・・。中身を出しては測量をうちでくりかえし、なんとか7㎏以下にして出発。

つぎに、機内がすごく寒かった!座席の上にある冷房を止めてもです。ブランケットをたのむと、なんと販売品なんだそう。ああ忘れてた、LCCってそうだった・・・・・。ブランケットになぜか枕、ペン、アイマスク、歯ブラシ、化粧品などいろいろがセットになって販売されており、わたしはブランケットだけがほしい・・・・・。だから、買いたくないわけですよ(モノを増やしたくない)。

荷造りしたとき、パーカーを入れてたんだけれど、7㎏以下にするために抜いてきたことを深く後悔。パーカーを最優先にするべきだった・・・・・。





さらにです。出発時刻が遅れ、離陸まで1時間近く、機内で待つことになりました。すでに体が冷たくなっていたんで、渋っているわけにもいかなくなり、ブランケット付きいろいろセットを購入しようと決めました。

クルーの女性(外国人)を呼び止めると、ピシャッとなにか言って通り過ぎて行ったんですよねえ。結局、彼女は30分以上たっても戻ってこなかった・・・・・。ほかのクルーも姿を見せなくて、そのまま離陸。

冷えきったわたくしは、このまま目的地まで飛ぶしかないんで、耐えたるわ!っしゃー!と心のなかで決めたんでした。LCCって、基本話しかけたらダメっぽいですね!


超高層ビル、台北101。



















というわけで、ピラティスの呼吸と、武道の手の組み方と、能楽師のかたの本で読んだ横隔膜の動かし方をやり、むだな力が体に入らないように、腹圧をかけて熱を生み出そうとし続けてました。ちょっと瞑想状態に入ったことで大丈夫になってきて、目的地まで耐えられました!(機内販売がまわってきましたが、いまさらいらんって思いました)

帰りのことを思うと、滞在先でブランケットやパーカー購入を考えましたけど、荷物を増やしたくないほうが勝り、持ってきた服でいちばん厚くなるよう着こんで帰りは臨んだら、あれ?そんなに寒くない機内・・・・・。クルーもなんとなく朗らか。

7㎏制限って、そんなものがないとなんでも持って行ってしまうわたしにはちょうどいいシステムなんでは?と思いました。軽いほうがラクだし、ないならないで工夫しますもんね。

余談ですが、失敗や困ったことのほうが、いつまでも記憶に残っていたりするし、旅から帰ってくると不要なものがわかったりするんですよ。帰国したら彼氏のことが不要に思えてきて別れた友人がいましたが、そういうこともある・・・・・。

そのときはほんとうに悲劇だったりもするんだけどね。でも、あとで生かされたりするんで、わるくない経験というか貴重な経験ですね。